なたでぽぽ


カスタム検索

 

さかさまうす

私はいくつかフリーソフトを開発して公開しているのですが、そのなかのひとつにさかさまうすというのがあります。

さかさまうすはWindows用のフリーソフトで、機能としてはマウスの動きを逆にするというシンプルなもの。つまり、マウスを右に動かすと、マウスカーソルは左に動き、上に動かすと下に動くようになります。

単なる思い付きで作ったソフトで、何かに使おうという考えは特にありませんでした。とりあえず作っては見たものの、やはり実用的な使い方が思いつかなかったので、ジョークソフトとして公開しています。

窓の杜でも取り上げてもらったのですが、編集者の方も同じだったらしく、

「たとえば知人にPCを貸してほしいと頼まれたとき、こっそり本ソフトを起動してからPCを渡せば、予期せぬマウスカーソルの動きにびっくりすること請け合いだ。 」

と紹介されています。完全にジョークソフト扱いです。

ということで、自分でもいたずらくらいにしか使えないと思っていたのですが、英語版を作って公開してみたところ、意外にも感謝のメールが届くようになりました。

一番多いのは、手に障害を持っているという方からのメールです。「手が不自由で、マウスを普通に操作することが出来ず、仕方なく上下逆にして使っている。けどそうすると動きが逆になってしまうので不便していた。そんなときに出会ったのがこのソフトです。さかさまうすは実に素晴らしいソフトだ。」といった感じのメールをこれまでにずいぶんもらいました。なるほど、という感じです。

あと、フライトシミュレータとかのゲームをやる人からのメールもたまにあります。一部のフライトシミュレータなどでは、マウスの動きと画面の動きが逆になっています。まあこれはこういうものなので、それに順応すればいいだけの話なのですが、中には順応出来ない人もいます。そういう人たちにとっては「さかさまうす」は非常に便利なのだそうです。

自分では誰かの役に立とうなどという気持ちは全く無く、単なる思い付きでやったことなのですが、それが思いがけず人の役に立ってしまったというのは、なかなか面白い状況です。見ず知らずの人から、何も覚えの無いことに対して感謝のメールをもらうというのは実に変わった出来事です。こういうのもフリーソフト作りの楽しみのひとつなのでしょうね。これからも、一見すると役に立たない面白いソフトを作りたいなと思います。