なたでぽぽ


カスタム検索

 

風邪の治し方

風邪を引いてしまったとき、風邪薬を飲めば風邪が治ると思っている人がいますが、これは大きな間違いです。風邪薬はあくまでも風邪の諸症状を緩和するためのもので、風邪を根本的に治してくれるものではありません。のどやお腹や頭が痛いといった症状は軽くなりますが、それと風邪が治ることは別の話です。いわゆる対処療法というやつですね。

そもそも風邪というのは、ウイルスの感染が原因です。そして、発熱やせき・鼻水というのは、人間の体がウイルスに対抗するために引き起こしている防御反応です。ウイルスは熱に弱いですから、体の温度を上げてやることでウイルスの働きを弱めることができます。また、鼻水を出したり、せきをしたりすることで、ウイルスを体外に出してやることができます。つまり、風邪の症状というのは、体が風邪と戦っているサインなのです。

風邪薬は、この戦いの邪魔をします。体がせっかくウイルスを弱めようとして熱を出しているのに、それを下げてしまいます。これは体にとってみれば非常に迷惑な話ですね。実際、風邪薬を飲むと風邪が治るのが遅くなってしまいます。もちろん、40度とかの熱が出た場合、ウイルスだけでなく体がまいってしまいますので、そういう場合は解熱効果のある薬を使うことが必要です。しかし、そうでない場合には安易に風邪薬を飲んではいけません。

普通の風邪であれば、人間の体が本来持っている自然治癒力によって治すことができます。つまり風邪を引いたときには、この力を信じて二日か三日の間じっとしているのが一番です。十分な栄養をとって、あまり寒くないところで安静にしているのが、風邪を治すための最もいい方法なのです。