なたでぽぽ


カスタム検索

 

アジャイルサムライ

アジャイルサムライ−達人開発者への道−を読みました。タイトルにアジャイルとあるように、アジャイル開発に関する本です。ちなみに、サムライの方の意味はよく分かりませんでした。

内容は、アジャイル開発の入門書というか啓蒙書というか、そんな感じです。ユニットテスト、リファクタリング、テスト駆動開発、継続的インテグレーションというような、アジャイル開発でよく出てくる手法についてはひと通り述べられていますが、その解説はおまけみたいなもので、個別の技術論ではなくアジャイル開発の精神みたいなものを伝えている本です。

私もプログラマの端くれではありますので、一応アジャイル開発についての知識はありましたが、アジャイルに関する本を読んだのはこれがはじめてです。というのも、仕事でも趣味でも一人で開発することばっかりで、チームを組んでソフトウェアを作るという機会がほとんど無いものですから、アジャイルなんて自分にはあまり関係ないものだと思っていたからです。

でも(というかやはりというか)、本書から得られるものは結構あったように思います。リファクタリングにしてもテスト駆動開発にしても、一人でプログラムを書くときにも実践できるものですから、これらの重要性について再認識出来たことはひとつの収穫です。

また、クライアントとの関わり方に関する記述も割と多いのですが、これについても勉強になることが多々ありました。自分一人で開発しているときは自分自身がクライアントなわけですが、その場合でも本書に書いてあるように「価値ある成果を毎週届ける」というのは重要な事だと思いました。

ということで、職業プログラマはもちろん、趣味でプログラムを作っている人なんかにも読んでもらいたい本です。また、クライアントの立場にある人も、プログラマの苦労が少しは分かると思いますので、ぜひ一度読んでみて下さい。