なたでぽぽ


カスタム検索

 

野田内閣発足

2011/09/03

日本中の顰蹙を買いながら延命を続けた菅総理がようやく辞め、野田新総理が誕生しました。これが日本にとっていい事なのか悪い事なのかよく分からないわけですが、とにかく少し状況が変わったのは確かです。

気がつけば、民主党政権になってはやくも3人目の総理大臣。安倍、福田、麻生に散々文句を言っていた人たちが、臆面も無くトップのすげ替えを行っているわけですが、国民としても何だかもう慣れてしまった感があります。

ということで、ここ最近の内閣について、発足時の支持率をまとめたグラフを書いてみました。ソースは朝日新聞が行った電話調査です。

まず驚くのが、安倍以降毎年総理が変わっていること。最近よく変わるなあとは思っていましたが、こうしてグラフにしてみると改めてびっくりします。ちゃんと任期まで務められる人はいないんでしょうか?悲しくなってきます。

で、支持率なんですが、順調に下がっています。選挙をやらずに勝手に総理を変えているわけですから、支持率が下がるのは当たり前です。自民党が、安倍-福田-麻生で順調に支持率を下げたのと同様、鳩山-菅-野田ときれいに下落傾向です。いわゆる末期症状ですね。

今後の見通しですが、本来であれば即刻解散総選挙というのがスジですし、日本国民の総意かと思います。ただ、もろもろを考えるとこれは現実味がほとんどありません。なので、民主党政権がきっとあと2年くらいは続くのではないかと思われます。ただ、野田内閣がそんなに持つわけはありませんから、来年には前原か岡田あたりが総理になるでしょう。どっちがなっても、あるいはそれ以外の誰がなってもあまり期待出来そうにありません。何だか民主党の全員がダメな人に見えてきました。

それにしても野田内閣のメンバー、もう少しまともな人はいないんでしょうかね。