なたでぽぽ


カスタム検索

 

帰省

2010/01/25

正月に実家に帰っていなかったので、週末を利用して帰省してきました。小さい子供がいるので、レンタカーを借りて車での帰省です。距離としては、東京ー愛知なので大したことはないのですが、一泊四日という強行スケジュールだったので疲れてしまいました。

何でこんな無茶な日程になったのかというと、高速の週末割引の影響です。土曜の0時になるのを待って高速を降り、日曜の0時になる直前に高速に乗るという事をやりました。こうすると、高速代は1000円ですし、道も空いていて快適かと思ったのですが、自分の体力を甘く見積もっていました。いやー疲れた。

ということで、帰省にあたって気になった事を書きとめておきます。

ワンズレンタカーは安い

いつもは日産レンタカーを利用していたのですが、今回は最近話題のワンズレンタカーにしてみました。理由は何と言っても安い事。日産レンタカーとかトヨタレンタカーとかと比べると、半額くらいの料金設定になっています。

今回借りたのはトヨタのVitzなんですが、カーナビとかチャイルドシートとか保険とかをひっくるめて三日で13,600円でした。安いですね。あと、地味にうれしいのが、返す時にガソリン満タンにしなくてもいいということ。

ワンズレンタカーは、ガソリンスタンドを中心にフランチャイズ形式で展開していますので、返す時についでにそのガソリンスタンドで給油できるわけです。レンタカーを返すときって、長距離を走った後で大体疲れてますから、このひと手間が省けるのは微妙に助かります。

難点としては、車についていたカーナビが少し古く、ちょくちょく間違った道を教えてきた事くらいでした。ま、これは慣れてしまえば対応できます。

首都高速は怖い

今回、金曜の夕方と、日曜の深夜に首都高を走ったのですが、やっぱり怖いですね。

分岐やら合流やらがやたら多くてイヤになります。しかも、カーブの途中とかトンネルの中とかでも容赦なく分岐やら合流やらしてますからね。今まで何度か通ったことがある道とはいえ、ちょっと気を抜くとすぐ間違えそうになります。

日曜の深夜は空いていたのでまだ良かったのですが、夕方なんて車が一杯でホント嫌になります。あんな状況の道を走らせておいて、その上金を取るなんていうのは、ほとんど詐欺じゃないかと思います。

田舎は星がきれい

田舎はやっぱりいいですね。

星がきれいです。空気もきれいです。水もきれいです。

東京みたいなゴミゴミしたところで暮らしていると、夜空を見上げるなんて事はそもそもやらなくなるわけですが、たまに見てみても星なんかろくに見えやしませんからね。