なたでぽぽ


カスタム検索

 

鳩山首相問題発言

2009/12/21

Yahoo!ニュースによると、

・「すべてがまだ完ぺきとは言えないと思う。一生懸命努力していることだけは認めていただきたい」。鳩山由紀夫首相は16日午前、政権発足3カ月を迎えたことについて、記者団を前にこう訴えた。

だそうです。

「一生懸命努力していることだけは認めていただきたい」なんていうのは、まるで小学生の言い訳ですね。大の大人が言う事ではありませんし、ましてや一国の総理がマスコミに対して言うような事ではありません。

第一、鳩山首相が何を努力したというのか?

少なくとも、普通に新聞・ニュースを見て暮らしている私には分かりません。そりゃ、水面下では何かと苦労する事もあるかとは思いますが、それは首相として当然の事です。そういう事を乗り越えて、目に見える成果を出してはじめて一国の首相として認めてもらえるわけです。

マスコミを通して見えてくる首相の生活と言えば、奥さんとどこそこに遊びにいったとか、お母さんから何億円のお小遣いをもらっていたとか、そういう話だけです。そんなもの、一体どう評価しろと言うのでしょうか。

こんな事を言っているようでは、福田や安倍と大差ないと言われてもしかたありません。せっかく自民党から政権を奪ったのですから、せめて一年か二年くらいは真面目に一生懸命仕事をして欲しいものです。