なたでぽぽ


カスタム検索

 

鳩山首相問題発言1

2009/10/15

ロイターによると、鳩山総理が次のような発言をしたそうです。

「マニフェストの実現よりも、やはり国債をこれ以上発行してはいけないと、国民の意思としてそのようなことが伝えられたら、あるいはそういう方向もあると思う」

さすがにこれは問題発言ですね。

「あるいはそういう方向もあると思う」なんて事は、一国の首相が軽々しく言う事ではありません。何だか福田元総理の他人事発言を思い出します。

そもそも、財源があるのかという点は総選挙前から散々問題になっていた所で、それに対して民主党は「大丈夫、大丈夫」という発言を繰り返してきたわけです。

それを今さら、赤字国債を増やしたくないからといって、「やっぱりやめます」なんて話はさすがに筋が通りません。しかも、「国民の意思」のせいにしようというのですからふざけた話です。

公約通り、無駄を削って対処してもらわなければ困ります。

 

それにしても、小泉元総理の後に総理をやった人達というのは、どうもパフォーマンスが下手くそです。小泉総理が言うところの鈍感力が足りていないように思います。

小泉総理は、マスコミや国会議員に困った事を聞かれたとき、ひたすら「適切に判断します」「適切に処理します」と言って、出来るだけ明言を避けていました。同じ事を5回も10回も言うものだから、当時はあまりいい印象を持たなかったのですが、やはりそういうテクニックも必要なんだろうなーと思います。

下手に具体的なことを言うと、後になって「ブレた、ブレた」と叩かれるに決まっています。小泉総理は明言を避けることで、いわゆる言質をとられることを避けていたわけです。小賢しいテクニックではありますが、総理とか政治家にとっては結構重要な事なんでしょうね。鳩山総理も、はやいところそういう技を身につけないと、意外と早い時期に解散や総辞職に追い込まれそうな気がします。

私としては、まだ民主党に期待を持っていますので、何とか上手く立ち回って流れをいい方向に持っていってもらいたいと思います。