なたでぽぽ  

衆議院選挙

2009/08/31

衆議院選挙が終わりました。

結果は下馬評通りで、民主党の圧勝。政権交代です。

政治的な経緯から連立政権になるようですが、実質的には民主党の好きなように物事が進む体制が整いました。民主用にいわゆる政権担当能力があるのかは未知数なわけですが、ブーメランと呼ばれていた事を考えると、ほとんど期待はできないでしょう。

しかし、重要なのは自民党以外の政党が政権を担当するということです。いろんな方面からの圧力があるでしょうが、何とかしていい方向に物事を進めてもらいたいと思います。まずは、官僚や自民党関係機関の利権を取りあげる事です。

本当は、フェアな形で利権構造を解消するのがいいわけですが、実質的にはそんな事はできないでしょうから、一時的に民主党が利権を奪う形で構わないと思います。一番やってはいけないのは、官僚などの工作に惑わされて、何もやらないまま終わってしまう事です。今の民主党なら大体のことは許されますから、世論が味方している間に思い切った事をやって欲しいものです。

今回の選挙で個人的に残念だったのは、小渕優子が当選したこと。少子化のところに書いていますが、少子化問題が一番重要だと思っています。小渕優子はその責任者だったわけですが、ほとんどまともに仕事をしていなかったせいで、問題がさらに深刻化してしまいました。この責任は重大です。本来ならば責任を取って議員辞職して欲しいくらいのものなのですが、さすがにそれは無理でしょうから、せめて選挙で落選して欲しかったです。

あと気になったのは中川秀直さん。もうろう会見をやっていない方の中川です。個人的にファンなので心配していたのですが、当選できて良かったです。比例復活ですけど。

それにしても、比例区というのは変な制度ですね。誰にどんなメリットがあるのかよく分かりませんが、とりあえずこの制度やめた方がいいんじゃないかと思いました。

ということで、イモトさん24時間マラソンお疲れさまでした。