なたでぽぽ


カスタム検索

 

オレたち花のバブル組

上戸彩さんのおかげで大好評だった「半沢直樹」の影響で、池井戸潤さんの小説を何冊か読みました。

まずは半沢直樹の原作となったオレたちバブル入行組オレたち花のバブル組

ストーリーとしてはドラマと大体同じだったのですが、上戸彩さん演じる主人公の奥さんは大分印象が違っていてちょっとがっかりです。

でもまあ、小説としてはなかなか気に入ったので、続いてようこそ、わが家へ空飛ぶタイヤ(上)空飛ぶタイヤ(下)を読みました。

話としては全部銀行関係で、半沢直樹と似たり寄ったりな感じもあるのですが、もともと私はお金の話が大好きなのでそれなりに楽しめました。

池井戸さんの本は今回はじめて読んだのですが、文章が自然で読みやすく、ストーリーもしっかりしています。

今回読んだもの以外にも結構たくさん書いているようなので、お気に入りの作家さんとして折にふれて読んでみようと思います。