なたでぽぽ  

良い戦略、悪い戦略

良い戦略、悪い戦略を読みました。

著者はリチャード・P・ルメルトさん。戦略論と経営理論の世界的権威、だそうです。私はこれまで知りませんでしたが、企業等の経営コンサルタントを数多く務めてきた方のようです。

本書の主題は、ずばり「戦略」。企業経営の話が多いですが、戦争などの話も出てきます。

本書では、著者の経験をもとに、どのような戦略が良くて、どのような戦略が悪いのかが詳しく説明されています。特に突飛なことは書いてなく、ほとんどの記述は割と当たり前のことなのですが、一読の価値がある本です。

私がまず驚いたのは、著者の知識量。本書ではコンピュータ業界やコーヒーショップ業界など、実に様々な業種が事例として登場するのですが、著者はそのすべてに精通しているようです。多分、とっても頭が良い人なんだろうなあと思いました。

それから、構成の見事さ。私は頭から順に読んだのですが、構成がしっかりしており、話がすんなりと頭に入って来ました。内容的に高度なことも書かれていますので、全部を理解したかと言われるとそうでもないのですが、少なくとも分かった気にはなれました。

ということで、本書を読むと戦略について詳しくなります。少なくとも、詳しくなったつもりにはなれます。これまで戦略について考えたことがある人は、読んでみて損のない一冊だと思います。