なたでぽぽ  

リピート

乾 くるみ さんのリピートを読みました。 

SFによくあるタイムトラベルもの。

今の記憶を持ったまま、10ヵ月前に戻れるという設定で、10人の人間がタイムトラベルするのですが、その中の何人かが殺されたり、死んだりしてしまうというミステリー小説です。

話の設定や展開は面白く、作者の文章力も確かなものがありますので、楽しく読めました。SFやミステリーが好きな人は気に入ると思います。

それにしても、「今の記憶を持ったまま10ヵ月前に戻れる」という状況になったとき、人間が何を考えるかっていったら、やっぱり金と女なんですね。

本書でもやはりその辺が焦点になっています。

主人公たちの行動は、いまいち合理性に欠けるところもあり、自分ならもっと上手く立ち回るのに、とか一通り考えさせられましたが、もちろん実際に過去には戻れないわけで、そういう意味では多少の虚しさが残ります。

結局のところ、人生は真面目にコツコツ努力するのが一番なんだ、というのが、この本から得た教訓です。