なたでぽぽ


カスタム検索

 

日本経済の真実

日本経済の真実を読みました。

著者はニュースキャスターの辛坊治郎氏とそのお兄さん。お兄さんは日本総研情報サービスという所の代表取締役専務だそうです。役割分担がはっきり書かれていませんでしたので、どちらがどの部分を書いたのかは分かりません。共著で本を書くときは、分担をしっかりと記しておかないといけませんね。

本の主題はタイトルにある通り日本経済です。副題は「ある日、この国は破産します」となっており、その副題通りにネガティブな書き方がされています。

内容としては、GDPとかの経済学の基礎を解説したのち、それを使って日本の現状を嘆くというもの。特に驚くような事は書かれていませんが、日本の財政・金融の実態を簡潔にまとめているという点では評価出来ます。

主張としては、小泉・竹中の改革は正しかったという事。いわゆる市場主義とか市場原理主義とか呼ばれるものを信望するという立場です。

文体としては普通で、特に難しい事も書かれていませんので、高校・大学で経済学をかじったことのある人であれば、スラスラと読めるでしょう。所々に上から目線でモノを言っているところがあり、ちょっと気にはなりますが、エリート意識が強いんだろうなあと思えば我慢出来るレベルです。あと、よく知りもしない他人に対して「アホ」という言葉を使っていますが、著者としては毒舌のつもりだと思いますので許容範囲です。

ということで、日本がこのまま借金を重ねると、遠からず破綻しますよ、ということが書かれた本なわけですが、その解決策については深く触れていません。個別の事柄については経済学的な見地からコメントがありますが、それは机上の空論というやつです。GDPを増やせば解決します、といわれても、政治家・官僚としてはどうしていいか分かりませんよね、という話です。

ただ、理論的にはそれほどウソが書かれているわけではありませんので、日本経済の真実についてあまり詳しくない人は、一度読んでみるとそれなりに勉強になると思います。