なたでぽぽ  

ラッシュライフ

ラッシュライフを読みました。

著者は伊坂幸太郎さん。最近売り出し中のミステリ系作家です。

本書の内容を一言でいうと、小難しいトリックが隠されたミステリ風物語、といったところです。

休日に家で寝転がって読んだのが良くなかったのですが、はっきりいって七面倒な小説でした。主な登場人物が5人くらいいるのですが、それらの話がパラレルに展開していきます。この時点でもう頭の許容能力を超えていますので、個々の話を丁寧に追っていくことは難しくなります。しかも、小難しいトリックが隠されていますので、それを見破ろうとすると、出来事を一つずつ時系列上で把握しなければならず、さすがにそれはやってられませんでした。

ということで、私はこの小説の本当の面白さというのは分かってないのかも知れません。最初のページの挿絵にエッシャーの騙し絵があったので、多分そういう事なんだろうなと思って納得しているだけです。そういう細かいところを突き詰めて考える精神的余裕のある人にとっては面白い小説でしょう。