なたでぽぽ  

オディールの騎士

茅田砂胡さんのオディールの騎士を読みました。

クラッシュ・ブレイズシリーズの最新刊で、逆転のクレヴァスの次です。

クラッシュ・ブレイズについて今さら説明するのもあれなのでここではしませんが、もしも知らないという人がいたら是非デルフィニア戦記から読んでみて下さい。

で、今回のお話ですが、主役はジャスミンとケリーです。リィとシェラも、もちろん出てきますが、後半からの登場となっています。

話の内容としてはいつもと大体同じで、事件が起こってそれを解決するという、いわゆる水戸黄門的な構成になっています。

マンネリといえばマンネリですが、それがこのシリーズのいいところでもあり、いつも通り安心して楽しめる内容に仕上がっています。このシリーズを読んで来た人にはもちろんお勧めです。

…が、残念なお知らせが後書きにありました。

今まで定期的に刊行されてきた本シリーズですが、茅田さんが他の作品を書きたいということで、次回はとりあえずお休みだそうです。というか、次々回もどうなるか分からないような雰囲気です。

毎回このシリーズを楽しみにしていた私としてはちょっとショックですが、 ここらで新しいシリーズを始めるのも悪くはないと思いますので、茅田さんの次回作に期待して待ってます。