なたでぽぽ  

1Q84 book3

村上春樹さんの1Q84 BOOK 3を読みました。

前作の感想でも書きましたが、それほど村上文学の熱烈なファンというわけではなく、話題になっているからちょっと読んでみるか、という感じです。前の2作は人から借りて読んだので、今回もそうするつもりだったのですが、たまたま本屋の前を通ったら平積みされていて、たまたま財布の中にもらいものの図書カードが入っており、たまたま次の日が休みだったので、思わず自分で買ってしまいました。

内容としては前作と同様で、青豆と天吾の生活ぶりを描いた村上春樹風の純文学です。牛河やタマルはそれなりに登場しますが、ふかえりは今回ほとんど出番なしでした。

ネタばれしますので話の内容には詳しく触れませんが、村上春樹の小説はもともとストーリーがあってないようなモノなので、そんなに気にする必要もないのかも知れません。基本的には青豆と天吾の恋愛がメインテーマになっているようです。

ということで、好き嫌いは分かれるところだと思いますが、過去の村上春樹作品がそれなりに好きだという人にはおすすめです。